MENU

酷い肩こり、原因はバッグにあるかも

リュックはOK?NG??
肩こりになりやすいバッグは?
症状がひどい場合ほど気になりますよね・・・

 

 

ショルダーバッグを肩や斜めに掛けて毎日通勤や通学していると、
肩こりの症状が出てきませんか?

 

肩こりの症状は筋肉が足りてない、姿勢が悪いなどが原因で起こることがありますが、
肩こりの原因として意外と見落としがちなのが、バッグの種類と持ち方です。

 

 

バッグの肩掛け、斜め掛けはなぜ肩に悪いのか

 

ショルダーバッグを肩掛けや斜め掛けすると、
バッグを掛けている方の肩を上げて歩くようになります。
これはなぜかというと体が自然と左右のバランスをとろうとするためです。

 

 

もちろんバッグの重さや大きさにもよりますが、
バッグを掛けている方の肩や首まわりの筋肉に負担をかけてしまい、
負担がかかった筋肉は硬くなり、肩こりへとつながります。

 

また、片方にしか負担がかかっていないので、体のバランスをうまく取れなくなり、
肩や頭の位置も左右で違う位置にが変わってしまうこともあります。

 

 

肩こり解消のためにはリュックが最適

 

毎日毎日肩にバッグを掛けているという人は
そのバッグをショルダーバッグからリュックに変えてみませんか?

 

リュックに変えることで、左右の肩に同じ負担がかかり、体のバランスが悪くなることもなくなりますし、
リュックの中身が重いものでも、左右に重みを分散させることができるので、
そこまで負担を感じることがありません。

 

 

リュックは肩への負担も減らしますし、両手を空けることができます。
最近ではオシャレなリュックもたくさんありますし、腰にベルトがついていたり、
胸の上の位置にチェストストラップといってベルトがついているものもあります。

 

肩紐以外のベルトなどはより体の左右バランスを安定させてくれるので、
肩こりが酷い人にはよりおススメです。

 

 

肩こりを軽減させるリュックの背負い方

 

ただバッグをリュックにしただけで肩こりが軽減されるわけではありません。
ここでポイントとなるのはリュックの背負い方です。

 

 

リュックを背負っていても肩紐の長さが左右で違い、
左右のバランスが取れていないのでは意味がありません。

 

きちんと左右のバランスが取れているか確認しながら肩紐の位置を調整してください。

 

 

また、肩紐を長くしすぎて、リュック自体が後ろの方へといってしまっては、
重心が後ろへと下がってしまうことで、肩は常に力を入れた状態となります。

 

また、背中とリュックの間に隙間ができてしまうので、背中や腰にまで負担をかけてしまいます。
さらには、前かがみになった時には、バランスを保つために
背中や肩の筋肉には結果的に負荷をかけることとなってしまいます。

 

 

背中とリュックの間はなるべく隙間が空かないように、
背筋を伸ばして背負うようにしてください。
これだけでも肩への負担は格段に減らすことができます。

 

 

肩こりは何かをしたことが原因で1日で急に痛みが発生するものではありません。
毎日の少しずつの負担が積み重なって酷い肩こりをもたらすのです。

 

毎日の肩への負担を、ショルダーバッグなどの負担の多いバッグからリュックに変えるだけで
少しでも減らすことができます。

 

このような毎日の肩へ負担を少しでも減らしていくことが肩こり軽減へとつながりますので、
肩こり軽減のための1つの方法としてぜひ試してみてください。

 

 

>>次のページ「肩こりのおすすめストレッチは?